宅急便が27年ぶりの値上げを正式発表・値上げ幅は140~180円

スポンサーリンク


2017年4月28日、ヤマト運輸は「宅急便」の料金および取扱い区分などの具体的な改定内容を発表しました。

1990年以来、実に27年間も据え置いてきた配送料金を140~180円(税別)値上げし、採算性の改善を図ります。また、集配ドライバーやスタッフの労務環境の改善を図るために、再配達対応時間の変更などもおこなわれます。

 

スポンサーリンク

ニュースリリースの冒頭文

ニュースリリースの冒頭に書かれている「ラストワンマイルネットワーク」は、配送先区域における配達員の確保といった問題のことを指すものと思われます。

宅急便の基本運賃改定と各種サービスの内容変更および新設について

お客様各位

いつもヤマト運輸をご利用いただきまして、ありがとうございます。

当社は、新たな労働力の確保や社員の処遇改善、またラストワンマイルネットワークの強化のため、平成29年9月末までに宅急便の基本運賃改定と各種サービスの内容変更および新設をいたしますので、お知らせいたします。

出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

宅急便基本運賃の改定

まず、宅急便基本運賃が、現行料金よりも140~180円(税抜き)の値上げとなります。

1.宅急便基本運賃の改定
平成29年9月末までに、お荷物のサイズに応じて現行の宅急便基本運賃(税抜き価格)に下記の金額を加算いたします。

例)関東発-大阪着 60サイズの宅急便基本運賃(税抜き)  【旧】800円 ⇒ 【新】940円

出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

大型の荷物の規格改定

スキー板やゴルフバッグの規定サイズ拡大が図られます(=値上げ)。あわせて、大型スーツケースの取り扱い上限サイズが拡大されます。従来、スーツケースのサイズによっては宅急便では送れず、より大柄な荷物に対応した「ヤマト便」を使わざるをえない場面もありました。そういった場合にも、ヤマト便よりもリーズナブルな宅急便で送れるのは朗報と言えるでしょう。

2.スキー宅急便、ゴルフ宅急便、スーツケースのお取り扱いについて

発売当時に比べ、レジャー用品の大型化にともない、平成29年9月末までに規格を下記のとおり改定します。

■スキー宅急便(オールインワン型)現行の140サイズから160サイズに改定いたします。

■ゴルフ宅急便現行の120サイズから140サイズへ改定いたします。

■スーツケース実サイズを査定し、現行の上限サイズを120サイズから160サイズに改定いたします。

出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

 

付加価値サービスの料金は変更なし

リリースに書かれている「S-PAT9時便」とは、夕方までに預かった荷物を、主要都市に翌朝9時までに届けるサービスで、航空便などあらゆる配送手段を駆使して急配を実現しています。

3.付加価値サービス料金について
クール宅急便、宅急便タイムサービス、超速宅急便、S-PAT9時便の付加料金については変更ありません。出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

スポンサーリンク

集配効率化に協力すると割引が受けられる

直営店にある専用端末で送り状を作成する、あるいは会員制サービスの会員が直営店に荷物を持ち込むことにより、集配の効率化に協力すると、料金が割り引かれます。

4.割引制度の新設

お荷物の発送や受け取りに際し、集配の効率化にご協力していただける個人のお客さまに平成29年9月末までに新たな割引制度とサービスを開始します。

(1)デジタル割
弊社直営店の店頭端末「ネコピット」で作成された送り状でご利用いただく場合、お荷物1個につき50円割引きいたします。

(2)直営店持込時のクロネコメンバーズを対象とした直営店持込み割引
クロネコメンバーズのお客さまが弊社直営店にお持込いただいた場合、従来の持込割引の100円に加え、さらに50円を割引き、お荷物1個につき合計150円割引きいたします。

(3)宅急便センター直送サービス(仮称)
お届け先をご自宅ではなく、弊社直営店への直送をご指定いただいた場合、通常の宅急便運賃よりお荷物1個につき50円お得なサービスを開始します。

出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

宅急便の配達時間枠を削減&変更

昼食時の配達指定を廃止するいっぽう、夜の配送時間枠を変更・新設します。これにより、指定時間枠は現行の6パターンから、5パターンへと変わります。

6.宅急便のサービスレベルの変更(平成29年6月19日より)
社員の昼休憩取得と長時間労働抑制のため、配達時間帯の指定枠を変更します。
(1)「12時から14時」の配達時間帯の指定枠を廃止します。
(2)「20時から21時」の配達時間帯の指定枠を廃止し、「19時から21時」の2時間の指定枠を新設します。

なお、4月24日より当日再配達の受付時間を20時から19時に一時間繰り上げました。あわせて、WEBでの当日再配達の受付時間は18時40分までとなります。翌日以降の再配達依頼についてはこれまで通り24時間受付可能です。

本件に関するお問い合わせは、下記の専用フリーダイヤルまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。
〈専用フリーダイヤルTEL:0120-630-262 受付時間 9:00~19:00〉

出典:ヤマト運輸ウェブサイトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428.html

旧料金表と新料金表(税別)

ヤマト運輸の公式ウェブサイトに掲載されている現行の料金表(税込)を参考に、当方にて新料金表(税込みと税抜き)を作成しました(ヤマト運輸の公式ウェブサイトの現行料金表は税込み表示なのに、今回のリリースにある値上げ幅の金額は税抜き表示なので、混在すると総額計算がややこしいと思ったため作りました)。

税抜きの新料金

税込みの新料金

 

関連記事:はこBOONがサービスを一時休止すると発表しました

宅配便のLCC「はこBOON」が一時休止を発表・宅急便値上げの一環か

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク