JVCケンウッドGY-HM600の動作時間僅少な中古品を発見

スポンサーリンク


業務用AV機材専門店のフジヤエービックにて、JVCケンウッドの業務用ビデオカメラGY-HM600の中古品が2台入荷しているのを見つけました。

【中古】 JVC GY-HM600 164,900円(税込み・送料無料)

【ファン動作時間40 Hr Ver.V0410】

【レンズ内にゴミあり(映り込みなし)】

【液晶モニターガタつきあり】

【6カ月保証】

写真をクリックするとフジヤエービックの当該ページにて詳細が見られます。

 

【中古】 JVC GY-HM600 179,900円(税込み・送料無料)

【ファン動作時間: 9Hr ファームウェアV0410】

【6カ月保証】

写真をクリックするとフジヤエービックの当該ページにて詳細が見られます。

 

ファン動作時間は40時間/9時間と極めて僅少で、動作時間からみれば、いずれもほぼ新古品のような状態ですね。通常ですと「極上品」とか「上物」となっていてもおかしくないのでしょうけども、どういうわけだが「並品」となっているのが若干気になりますが、少々の小傷程度があるのかもしれません。それでもこの動作時間の少なさですし、大した問題ではないように思えます。ちなみに、JVCケンウッドで点検を推奨しているファン動作時間の目安は「9000時間」ですので、それに比べれば新車みたいなものですね。

しかも、いずれも「6カ月保証」がついてますので、万が一の場合も安心です。たまにヤフオクでも出品されているのを見かけますが、たいていノークレーム・ノーリターン(NC/CR)ですから、それとは段違いの安心感です。

 

 

GY-HM600はいいビデオカメラですよ~

GY-HM600は私も3年ほど使っていますが、3連リングのフィーリングが非常に良く、個人的にはこれまで使用したことのあるソニーやパナソニックの機材よりも気に入っています。 ズームリングは機械式ではなくサーボ方式ですので、若干のタイムラグはあるものの、追従性は良好です。しかも、3連リングの粘り具合が堅すぎず柔らかすぎずで絶妙なんですよね。他社の場合、リングの粘りがスカスカだったり、逆に硬すぎて回しづらい物もありますが、GY-HM600は本当に丁度いい感じです。あと、ズームリングが「エンドtoエンド」、つまり「終端付き」となっているのもGoodです。

今回売られている中古品は、いずれも税込みで17万円台となっており、すでに生産完了となっている製品であることを考えても、随分とお得になったなぁと感じます。

上記の販売品の「液晶モニターガタつきあり」となっているほうですが、恐らく100円均一で売っている精密ドライバー1本で直せると思います。私の所有機材も以前液晶モニターにガタが出たことがあり、自分で直したことがありますが、とても簡単でした。

あと、ファームウェアはユーザー自身で簡単にアップデートを実施できるようになっています。公式サイトからアップデートパッチをダウンロードし、それを解凍してSDカードにコピーし、本体に挿入して手順通りに操作すればOKです。メーカーのサービスセンター送りとか有償実施というものではありません。自分で手軽にバージョンアップできる「進化するビデオカメラ」なんです。

あいにく、私はまだ現在使っているGY-HM600の減価償却期間がまだ終わっていないので、今回は様子見するつもりですが、資金的に余裕があればストックしておきたいぐらいです。 ソニーやパナソニック、キヤノンといった並み居るライバルの中で、JVCケンウッドのビデオカメラはマイナーな印象がありますが、海外では英BBCなどのテレビ局や、インターネット放送局がJVCのビデオカメラを大量導入しており、その実力は高く評価されています。

品切れにならないうちに入手されることをお勧めします。

 

スポンサーリンク