ピコ太郎が岸田外務大臣をヒョウ敬訪問・2人はソックリ!?

スポンサーリンク


PPAPが世界的大ヒットとなったピコ太郎が、2017年7月12日、岸田文雄外務大臣をヒョウ敬(表敬)訪問しました。国連のSDGs(持続可能な開発目標)のPRという大役を任されたことによるものです。

岸田外相とピコ太郎が面会

ピコ太郎さん、国連へ 岸田外相が「SDGs」PR依頼

 

「ぜひニューヨークにお越しいただき、日本のアピールの目玉として、パフォーマンスをご披露いただきたい」――。岸田文雄外相は12日、国連のSDGs(持続可能な開発目標)をPRする動画を公開したピコ太郎さんと外務省で面会し、17日に国連本部で開かれる会合に合わせた政府主催レセプションへの出演を打診した。

出典:朝日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000058-asahi-soci

ピコ太郎と岸田外相はソックリだと思う

岸田外務大臣とピコ太郎が満面の笑みで収まるツーショットの動画を見て、この二人は親子か兄弟かと思うぐらい似てるなぁと思いました。それにしても岸田さん、いい笑顔してますね~。

◆共同通信の動画ニュース

◆ANNの動画ニュース

 

 

どうせなら、岸田外務大臣もヒョウ柄の衣装と髭をつけて一緒にPPAP特別バージョンを踊れば面白いのにと思いました(もしかして国連で2人で踊ってくれないかなぁ)。国連というとお堅いイメージがありますけど、PPAPは先進国とか途上国とか、肌の色とか宗教とか、老若男女とか関係なく、世界中で愛され大人気となったわけですから、もし岸田外務大臣もピコ太郎と一緒にPPAPを踊ったら、世界中で大きな話題になると思います。もしこの記事を政府や与党の関係者がご覧になっていたら(多分というか絶対見てないと思いますが)、ぜひ「コンビ結成」を検討されてみてはいかがでしょうかと思う次第です。

このところ政治の世界では嫌な感じの話題がたくさんありますし、この大変な時にそんなことしてる場合かという批判的意見もあるとは思いますが、わたくし的には、久々にほっこりさせてくれる話題だと思いました。

 

スポンサーリンク

 

PPAPは世界で3億回も再生

ちなみに、YouTubeにおけるPPAPの再生回数(2017年7月12日時点)は、オリジナルの公式動画が1億2272万回、公式ロングバージョンが6379万回に達しており、世界中のファンによって数え切れないほど制作されたコピーバージョンを含めると、およそ3億回もの再生回数を記録しています。流行り廃りの早い日本ではすでに人気が下火になった感がありますが、世界ではまだまだ人気を保っているようです。そういう点から言って、今回ピコ太郎を起用したことによるPR効果は抜群なのではないかと思います。

ご両人ともにうまくタッグを組んで、ぜひ国連で頑張ってきてくださればと思います。

ところで「SDGs」って何?

今回のテーマであるSDGsとは「持続可能な開発目標」の略称です。http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

取り組みの報告は下記リンクで見ることができます。http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_report/

超簡単に言いますと、飢餓や貧困対策、産業発展など17の分野について、世界的規模で取り組みを進めていきましょうという内容です。

画像出典:国連SDGsウェブサイト

 

ピコ太郎が国連でPPAPを披露、岸田外相は「PPAP」をアピール

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク