N700Sデザイン発表・エッジを立てた先頭形状&LED前照灯採用

スポンサーリンク


2017年6月28日、JR東海は東海道新幹線に投入する新型の新幹線車両「N700S」のデザインを発表しました。

先頭車両のデザインは、N700系シリーズの「エアロ・ダブルウィング形状」をより進化させた「デュアルスプリームウィング形状」を採用。ノーズ部分の左右両サイドにエッジを立てた形状とすることで、高速走行時の風圧を整流。「走行風を整流し、微気圧波・車外騒音・走行抵抗・最後尾車動揺を低減」するとしています。

 

ヘッドライト(前照灯)にはLEDライトを採用します。新幹線でのLEDヘッドライトは初採用となります。省エネ、照度向上や照射範囲の拡大による視認性のアップ、長寿命化を実現するとしています。

N700Sの「S」はスプリーム(Supreme=最高という意味)の「S」です。これを表現したブルーのストライプデザインとしています。

 

内装も刷新され、普通車にも全席ACコンセントが装備されるなど、利便性がアップするそうです。

停車駅が近づくと車内案内と連動して網棚の照明が明るくなる機能も付くとのことです。

 

N700Sは確認試験車を2018年3月に完成し、各種試験を経て、2020年度に量産車の営業投入を予定しています。恐らく東京オリンピック/パラリンピックの開催時期に間に合うように新型車が走ることになるのだろうと思います。

一方で、今や旧式となった700系新幹線電車は、N700Aにどんどん置き換わっています。新型車の登場によって旧型車が消えていくのは寂しいですが、高速大量輸送に加え、省エネや安全性の担保も求められる新幹線ゆえに、これも仕方ないのかもしれません。

(画像出典:JR東海ウェブサイトのプレスリリース資料より)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク