[大阪市営地下鉄谷町線]文の里行&都島行の運行本数が大幅縮小

スポンサーリンク


2017年3月25日(土)に、大阪市営地下鉄谷町線のダイヤ改正がおこなわれます。これに伴い「文の里行」および「都島行」として区間運行されている列車の本数が大幅に縮小されます。

具体的には、平日昼間時間帯(10~16時)の区間運行を全廃(朝夕時間帯は運行)し八尾南行・大日行に統一。また、土日・休日ダイヤでは、八尾南発都島行が1便(八尾南19時55分発の都島行)設定されるのみとなり、朝夕・昼間時間帯ともに文の里⇔都島の区間運行は全て無くなることになります。

文の里行・都島行の縮小を歓迎する声

谷町線は守口市にある「大日」と、八尾市にある「八尾南」の間を結ぶ地下鉄路線です。列車の行き先は「大日行」と「八尾南行」を主軸としつつ、途中の「文の里」と「都島」の間で区間運行する列車を織り交ぜる形態がとられてきました(例えば、八尾南行→文の里行→八尾南行→文の里行といった順番に電車がやってくるパターンです)。

しかし、都島以遠あるいは文の里以遠に行きたい乗客にとって、途中の都島駅あるいは文の里駅で降車し後続列車に乗り換えるのは面倒です。そのため、文の里行と都島行の運行本数が縮小すると報じられて以降、ネット上ではこれを歓迎する意見が多数見受けられます。

スポンサーリンク

郊外は運行間隔が短縮・都心部は若干伸びる

ダイヤ全体も大きく見直されます。現行ダイヤでは、都島~文の里において5分間隔、それ以外の区間では10分間隔で運行されています。今後は、昼間時間帯(10~16時)の運行は全線で7分30秒間隔が基本となります。都心部の利用客は列車が来る間隔が若干伸びるため、やや不便に感じるかもしれません。

一方、都島以遠や文の里以遠に行きたい乗客の場合、これまでは10分間隔だったのがダイヤ改正によって7分30秒間隔に短縮されることになります。郊外を行き来する乗客のメリットは大きいと言えます。

以下は「大阪市交通局からのお知らせ」の引用です。ご参照ください。

市営地下鉄谷町線のダイヤ改正を行います 

[平成29年2月22日]

 

 

大阪市交通局は、平成29年3月25日(土曜日)から、市営地下鉄谷町線のダイヤを改正します。今回の改正では、お客さまのご利用状況に合わせて、平日の朝ラッシュ時間帯(2分30秒~3分間隔で運行している時間帯)を繰り上げることにより、混雑時間帯に列車を増発し、混雑緩和を図ります。
また、平日の昼間時間帯の全ての列車と、土曜休日の1列車を除く全ての列車を大日行または八尾南行とし、市内中心部と周辺部の移動利便性の向上を図ります。

 

 

1 実施日

平成29年3月25日(土曜日)初発から(予定)

 

2 主な改正内容

 

(1)  平日ダイヤ

 

ア 朝ラッシュ時間帯の繰り上げ

 

大日方面の混雑時間帯が早まっているというお客さまのご利用状況に合わせ、2分30秒~3分間隔で運行している時間帯を繰り上げることにより、混雑時間帯に列車を増発し、混雑緩和を図ります。

 

大日方面(7時26分~8時40分天王寺駅基準)大日行2本 都島行1本 増発
八尾南方面(7時31分~8時55分東梅田駅基準)八尾南行2本 喜連瓜破行2本 増発

 

イ 昼間時間帯(10時~16時)の大日行・八尾南行の増発

 

大日方面や八尾南方面に乗り継ぎなしにご利用いただけるよう、全ての列車の運転区間を大日から八尾南間とし、全駅における運転間隔を7分30秒に統一することで、市内中心部と周辺部の移動利便性の向上を図ります。

これにより、1時間あたりの大日行と八尾南行の列車をそれぞれ6本から8本に増発します。(文の里発→都島行、都島発→文の里行は廃止します。)

 

ウ 夕ラッシュ時間帯(17時~19時)の大日行等の増発

 

大日行を1本、都島行を1本増発、文の里行3本を喜連瓜破行へ変更するなどし、混雑緩和及び移動利便性の向上を図ります。

 

(2) 土曜・休日ダイヤ

 

大日方面や八尾南方面に乗り継ぎなしにご利用いただけるよう、19時55分八尾南発都島行の1列車を除く全ての列車を大日行または八尾南行とし、各時間帯の運転間隔を見直すことで、市内中心部と周辺部の移動利便性の向上を図ります。(文の里発→都島行、都島発→文の里行は廃止します。)

 

ア  朝の時間帯(7時~9時)の大日行・八尾南行の増発

 

大日行を7本、八尾南行を9本増発します。

 

イ  昼間時間帯(10時~16時)の大日行・八尾南行の増発

 

1時間あたり大日行を2本、八尾南行を2本増発します。

 

ウ 夕方の時間帯(17時~19時)の大日行・八尾南行の増発

 

大日行を6本、八尾南行を6本増発します。

 

文の里行・都島行は比較的すいていて重宝する存在だった

不評の声も聞かれる文の里行&都島行ですが、私としてはメリットもあったと感じています。文の里以遠あるいは都島以遠に行きたい乗客の中には、途中駅で降ろされて後続列車に乗り換えるのが面倒で、最初から八尾南行あるいは大日行に乗る人も多く見かけます。

そのため、大日行や八尾南行と比べると混雑度が低いという特徴がありました。谷町線での降車駅が都島~文の里間で収まる場合や「途中まででも構わないので、とりあえず座りたい」という場合には、重宝する存在だったと個人的には思います。

ダイヤ変更後の利用動向に注目

ダイヤ変更後の動向に注目したいです。より利用者にとっての利便性の高い新たなダイヤ編成や、今後の利用動向によっては区間運行を再開することも検討していただければと思っております。

ダイヤ変更前の撮り納めに出向いてきました

ダイヤ改正前の土日・休日ダイヤの撮り納めということで、3月19日(日)に撮影に出向いてきました。

約20本ほどを収録した動画をYouTubeにアップしましたのでぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク