[まとめ]豊田真由子議員の暴言をリミックスしたMAD動画がカオス

スポンサーリンク


週刊新潮がYouTubeに公開した生々しい録音データによって、豊田真由子衆議院議員による秘書への暴言・暴行事件が世間を震撼させています。

現職の国会議員による今回の事件は、自動車を運転中の秘書に対して大声で怒鳴るのみならず、後部座席から暴力を振るっていた疑いや、子供を引き合いに出した恐喝まがいの暴言もあったとされており、完全に常軌を逸したものとなっています。

画像出典:衆議院インターネット中継サイト

 

一方、豊田議員によるインパクト抜群の絶叫音声、そしてそれとは打って変わったミュージカル風(詩吟にも聞こえますね)の粘っこいイビリかたのギャップ…。今回の騒動によるインパクトある「素材」は、音を加工してリミックスしたり動画を作ったりするクリエイターの間では、号泣議員として世界的に有名になった野々村竜太郎・兵庫県議(当時)に匹敵するものという声があがっているようです。

新潮が音声を公開して以降、さっそくこの激しい音声をベースに、テクノ風のリミックスなどの編集を施したいわゆる「MAD動画」が、ニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトに多数投稿されています。また、「チガウダロイド」なる言葉が生み出されたり、あるいは、タイトルに「Abeno Mix」なる皮肉たっぷりのタイトルをつけたMAD動画、そして議員のMAD動画としては先輩格といえる野々村県議との「コラボレーション動画」もアップされるなど、なかなかカオスな状況となっています。

それらの「作品」群の中から、いくつかの動画をご紹介したいと思います。

 

TOYOTA REMIX

「違うだろ!」というおなじみの暴言音声に、ミュージカル風(詩吟風)の怪談のようなイビリ、そして、とても同一人物とは思えないおしとやかで柔和な話し口調の国会答弁なども交えた、高度な出来栄えです。

 

『このハゲ〜〜!』Metal ver. ギターで弾いてみた

エレキギターの演奏と暴言音声をうまくシンクロさせた作品です。

 

EDM MIX Part1 PINK-MONSTER HAGEMALS

「このハゲー!」をメインに据えたDJプレイ動画。各種エフェクトを加えつつ、「ハハハッハッハ、ハッハッハッゲ」などと巧みに演奏しており、見応えがあります。私はこれを見て腹がよじれました。

 

野々村さんと豊田さんのコラボレーション物

やはりと言うべきか、このお二人を組み合わせて作ったものが出回っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク