Google Adsenseの承認が思ったよりもスムーズだった件

スポンサーリンク


私事の話で恐縮ですが、昨日(2017年3月28日)、Googleアドセンスのアップグレード申請(ホスト型⇒非ホスト型)がGoogleさんから承認をいただきました。まずは、この場をお借りしてGoogleさんにお礼を述べたいと思います。ありがとうございます。ここでは、3度の不承認を経て4度目の申請で承認をいただくに至った過程について、簡単に記してみたいと思います。

承認完了のお知らせは至って地味だった

まず、「承認されました」という通知ですが、ネット上でたくさん見かける、まるで「合格通知」のようなイラスト調のメールは来ませんした。実際にいただいたのは、下記のような地味なテキストです。

※スクショしたものに透かしを入れてあります。

「パンパカパーン」のような華やかさは全くありませんでしたが、でもむちゃくちゃ嬉しかったです。

不承認・承認ともに通知はとてもスムーズだった

Googleアドセンスの審査につきましては、申込時に「サイトの審査をお知らせするまで最長3日お待ちください」という主旨のメッセージが表示されるものの、実際に審査結果が届くまで平均2週間程度掛かっているという見解を多く目にします。長い場合だと50日ぐらい掛かったという人もおられるようです。

しかし、あくまで私の例ですが、申請から不承認あるいは承認の通知をいただくまで、1日~2日ほどでした。かなり待たないといけないのだろうなと覚悟していたので、少々驚いております。実際には、最後の再申請から承認通知メール(2017年3月28日の夜)をいただくまで約2日でした。しかも、最初の申請から不承認の通知が来るまでの時間は2日、その後の再申請から不承認通知が来るまでの時間も、即日~2日ぐらいで返事が来ました。周りの人よりもかなりスピーディーだったと言えると思いますが、なぜそうなったのかは分かりません。

再申請まで2週間開けずに2時間後に再申請した

また、不承認になったら再申請は2週間程度開けたほうがいいというアドバイスをネット上で多数見かけます。しかし、私の場合は、不承認のメールが届いてから間髪入れずにたくさんの箇所を修正をし、数時間後には再審査手続きを申請しておりました。それでも、承認していただけたわけですので、2週間開けるべきというのは、もしかすると開けすぎではと思いました(承認作業をしていただくGoogle担当者の負荷軽減に配慮すること自体は良いことだと思います)。

スポンサーリンク

記事数はかなり少な目

申請に適した記事数についても、20~50記事ぐらいまで諸説あるようですが、私の場合は、最初の申請時に約12本で、審査が不承認になるたびに、記事を少しずつ増やしていき、Googleが承認をくださった時点での記事数は17本でした。ただ、文字数は全て1000字以上の記事のみの公開とし、それを下回る記事は加筆して1000字を超えるようにするか、一時的に非公開にして審査に臨みました。また、画像は各記事それぞれ1枚のみとし、念のためにYouTube動画の埋め込みも一時的に解除しました。

 YouTube用からのアップグレード申請だから早かったのかも??

審査がスムーズだった理由は分かりません。ただ、ひとつだけ言えることは、私の場合は、YouTubeやbloggerでのみ収益化ができるホスト型アカウントからのアップグレード申請だったという点です。だからスムーズだったのかなとも思ってみたりもしますが、真相は神のみぞ知るGoogle様のみぞ知るというところです。

とは言いつつも、アドセンスの審査に受かったぐらいで浮かれていてはダメですね。まだスタートラインについたに過ぎないわけで、これからしっかりと収益化の試行錯誤を重ねていきたいと思います。それには、まず、広告のことばかり気にするよりも、訪れてもらいやすい中身のある記事をたくさん書くことが肝要だなと思いを新たにしております。この初心を忘れずに、Googleさん・広告主さん・読者さんに役立つ記事を送り出していきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク