カール再編の明治に「殿様商売のツケ」と言い募る日経新聞に吃驚

スポンサーリンク


日経新聞が2017年6月2日の朝刊において、明治「カール」の東日本(正しくは中部以東)での販売終了を「殿様商売のツケ」という挑発的なタイトルで記事にしています。

明治「カール」殿様商売のツケ 東日本で販売終了、長寿ブランドにも淘汰の波
2017/6/2付日本経済新聞 朝刊

明治は今夏、スナック菓子の長寿ブランド「カール」を東日本で販売終了する。発売されてから約半世紀。若者の嗜好をとらえる努力を続ける競合菓子とは対照的に、ブランド価値を高める努力を怠ったことが、長寿ブランドとしての寿命を縮めることになった。

若者がそっぽ
「それにつけても……って何ですか」。東京都稲城市の女子大生(19)は、カールのテレビCMで有名なフレーズ「それにつけてもおやつはカール」を知らない。…

 

出典:日経新聞http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17212120S7A600C1EA1000/

新聞が他企業を殿様商売呼ばわりする違和感

日経新聞が他企業を「殿様商売」呼ばわりしていることに吃驚し、強烈な違和感を禁じ得ません。どういう了見で、このような上から目線の、評論家風情丸出しの記事を掲載しているのでしょうか。私は、「お前が言うなよ」あるいは「ブーメラン」という言葉がすぐさま脳裏に浮かびました。

新聞こそ「殿様商売」ではないのか

これは日経に限らず、様々な既存メディアやテレビにも言えることですが、とりわけ新聞の購読者数はジリ貧どころか衰退の一途をたどっており、収益体質の改善は待ったなしの状況です。日経も電子版が伸びてきているとはいえ、紙媒体のほうが減少していることには変わりありません。新聞に限らず、かつて「日経ほにゃらら」という具合に、「日経」を頭に冠した多種多様な専門誌が発行されていましたが、大幅な整理統合が進んでしまいました。今もいくつかの「日経ほにゃらら」は残っているものの、かつての豊富なバリエーション展開ではなくなってしまっています。

もちろん、日経とて血のにじむような努力をしているはずです。どうすれば読者に有益な情報を伝えつつ、読者からお金を落としてもらえるのかという命題に取り組んでいるはずです。広告を強化するという手もありますが、報道と広告は時に利害が相反する場合があります。広告を増やしすぎないようにする、あるいは分野を吟味することが重要であり、これを怠ると報道ではなく企業広報になってしまったり、あるいは公告になってしまったりする恐れがあります。言い換えれば、大企業や権力によるメディアコントロールの軍門に下ってしまうことにもつながります(既にそのような状態になっているとの意見もあります)。

これは日経もやっているかどうかは分かりませんが、新聞拡張員の偉そうな態度には私も何度か遭遇しています(どの新聞系列かは伏せますが、本当に傲慢でした)。あれこそ、殿様商売ぶりの最たるものだと思います。

 

スポンサーリンク

 

明治も手をこまねいていたわけではない

一方、明治は長年の実績を持つ有力商品が一部撤退を余儀なくされる事態を迎えるまで、全く何もせずに手をこまねていたわけではなかろうと思います。当然のことながら、様々な商品について、マーケティングなり広報なり、あるいは商品企画や開発も一生懸命にやっているはずです。カールに関しても、お馴染みの袋入りタイプだけでなく、小粒バージョンやスティックタイプ、高級タイプといった様々なバリエーション展開も図ってきました。

こういう状況にもかかわらず、日経が「殿様商売のツケ」などという挑発的な言葉を使うことに対して、「日経さん、あんたのところはどうやねん? あんたらこそ殿様商売ちゃうんか? いくらなんでも、このタイトルは傲慢だろう」と思います。

ちなみに、中部以東での販売終了のリリースが発表されて以降、カールは関西でも品薄状態です。近所のスーパーの店頭では通常の袋入りのカールが品切れで、かろうじて姉妹品の「カールスティック」が1個だけ商品棚にありました。品薄になっているのは、一般消費者の購買行動が増加していることだけでなく、いわゆる転売屋による買い占めもかなりあるのだろうと思います。

余談:社員に「日経を読め」という一般企業

ちなみに、私が以前勤めた企業は、社長以下、幹部や管理職が事あるごとに「日経を読め」と社内で言っているような会社でした。朝礼では社員が持ち回りで数分間のスピーチをするのが全社の慣例でしたが、中身がないというか、オリジナリティのない話をする人が多かったように思います。全社で「日経を読め」という習慣は、言い換えれば、「社員に日経さえ読ませておけば何とかなる」と幹部が考えているってことでしょう。こういう会社って、意外に多いんだろうなと思います。その会社の経営状況は…ご想像にお任せします。

余談ですが、この会社の朝礼、今から思えば、定時前(定時の約30分前)に社内の清掃があり、清掃終了後に朝礼を開始(これも定時前)していましたので、完全なるサービス勤務です。法律違反を幹部公認のもと、全社的に犯していたわけです。さすがに今は改善しているだろうとは思いますが、まぁ色々な面でブラックな会社でした(一応上場企業です)。

駄文失礼いたしました。

[悲報]おやつのカールが西日本以外では終売になることが決定


スポンサーリンク

スポンサーリンク