左足ブレーキを普及させることで自動車の暴走事故を減らせないか

スポンサーリンク


左足ブレーキというタイトルを見て「何それ?」と思う人もいらっしゃるかもしれません。

一般的に、自動車を運転するときは右足でアクセルもブレーキも踏みます。教習所でもそのように習います。左足でペダルを踏む場面は、AT車の場合ですとフットペダル式のパーキングブレーキが装備されている車を運転するときです。あるいはMT車の場合ですと、クラッチペダルは左足で踏みます(当たり前ですね)。但し、遊園地のゴーカートや、競技用のレーシングカートは両足を使ってのペダル操作を前提とした左足ブレーキとなっているのが一般的です。海外のラリーやフォーミュラーカーレースでも、左足ブレーキを使うドライバーが増えているそうです。

右足でブレーキを踏む場合に起こりがちなミス

右足でブレーキを踏む場合、どうしてもアクセルペダルから右足を離し、ブレーキペダルに移動する必要があります。慣れた靴であればあまり問題ないのですが、慣れないおろしたての靴を履く場合などに、うっかり踏み違え、あるいは踏み外しそうになる場合があります。

また、これは車によっても異なりますが、アクセルペダルよりもブレーキペダルが大幅に手前(運転手寄り)にあるような場合、アクセルを離してからブレーキペダルに踏み替えるまでの間に、つま先を大きく手前に引くという動作が必要になり、これも踏み違えや踏み外しの原因となることがあります。

 

左足ブレーキは踏み違えや踏み外す心配がない

一方、左足ブレーキには優れたメリットがあります。右足でブレーキを操作する場合と違い、移動に伴うペダルの踏み違えや踏み外すことが皆無なのが特長です。

具体的には、左足ブレーキの場合、運転中に常に左足のつま先を、ブレーキペダルに軽く添えておくようにすることで、咄嗟のブレーキ操作もスムーズにおこなうことができます。

また、高速道路など、人が飛び出してくる危険性が低い道路では左足をフットレストに置いておき、人通りのある狭い道を走る際にだけ左足のつま先をブレーキペダルに乗せておく、といった使い分けを適宜おこなうことも可能です。

左足ブレーキは空走距離を短くできるメリットもある

また、右足をアクセルペダルからブレーキペダルに踏み替える場合には、どうしても踏み替えに若干なりとも時間が掛かりますので、その間はブレーキが効かない空走状態となります。

しかし、左足ブレーキの場合ですと、踏み替えに掛かる時間がない分、空走状態が短縮できます。もちろん、空走距離というのは、右足ブレーキの場合も左足ブレーキの場合も、「ブレーキを操作するぞ」と脳が認識してから、その命令が神経を伝わって足を動かし、ブレーキを踏むという実際の動作に至るまでのタイムラグも含まれますので、それをなくすことはできません。ただ、左足ブレーキの場合は、踏み替えに掛かる所要時間をカットできることから、空走距離を短縮することができる点は、非常に有利だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

教習所でも左足ブレーキを教えるべき

私は、教習所でも通常の右足ブレーキに加え、左足ブレーキの実技を教えるべきだと思っています。また、AT限定免許の場合は、左足でクラッチペダルを操作する必要のあるMT車には乗らないわけですから、一律で左足ブレーキのみの教習でも良いのではないかと思っています。

ただ、懸念があるとすれば、ブレーキ操作はアクセル操作よりもはるかに微妙な力加減が要求される動作ですので、慣れないうちはブレーキ操作がぎこちない状態になるという点です。但し、これは訓練をすることで慣れることができます。

それと、AT車だけでなくMT車にも乗る可能性があるドライバーの場合、MT車のペダル操作との使い分けがうまくできるかという点も懸念材料となります。但し、やはりこれも慣れだと思います。ちなみに、私は日常的に左足でブレーキを踏みます。もうかれこれ四半世紀ほど、この運転スタイルです。もちろん、一般的な右足ブレーキも踏めますし、MT車との使い分けも全く問題ありません。もっと言えば、左足でアクセルもブレーキも操作できます(これは長距離ドライブで右足が疲れたときにたまにするぐらいです)。

私が左足ブレーキを実践するようになったきっかけは、当時本屋さんで売られていた左足ブレーキを強力に推奨する解説本(書籍名は忘れました)を買ったことでした。その本には、左足ブレーキのメリットやデメリット、早く慣れるための練習方法、状況に応じた右足ブレーキと左足ブレーキの使い分け方などが懇切丁寧に書かれていました。私はその本に影響を受けました。もう手元にないのが残念です。

左足ブレーキにも注意すべき点がある

踏み違える心配がない左足ブレーキですが、実践する際に気をつけるべき点があります。それは、着座位置の調節です。電動式ではない手動調節式の運転席に座る場合、着座位置の前後調節は、必ず停車中におこなう必要があります。

本来、走行中に着座位置の調節をすること自体が良からぬ行為なのですが、これを通常の右足ブレーキの態勢(左足はフットレストに置いておく)でおこなう場合は、さほど危険になることはありません。しかし、左足ブレーキを実践している際に、これをしてしまうと、意図せずに急ブレーキを踏んでしまう場合があります。

それはなぜでしょうか? 着座位置の前後調節をする場合、左足をフットレストに乗せ、踏ん張る形で着座位置を遠ざけます。あるいは着座位置を前にずらす場合には、手でハンドル(ステアリング)を手前に引きつつ、フットレストをストッパーにして踏ん張ることで、着座位置を調節するわけです。ところが、左足ブレーキ実践中に、無意識にこれをやってしまうと、ブレーキペダルをあたかもフットレストのごとく踏ん張りどころとしてしまい、結果として急ブレーキを踏んでしまう危険性があるのです。私は左足ブレーキを実践しはじめた初期に、何度かこのうっかりミスによって、急ブレーキを踏んでしまいました。幸い、事故には至りませんでした。

何はともあれ、これまで数十万キロを運転してきましたが、上記の着座調整時の失敗以外は、左足ブレーキを実践してきて不都合なことは全くありませんでした。むしろ安全運転に大いに役立っていると思っています。

左足ブレーキは超高齢社会での自動車暴走事故防止に繋がると思う

日本は、超高齢社会(高齢化社会ではなく高齢社会)のなかで、今後どのようにして自動車交通の安全を担保していくのかという命題をクリアしていく必要に迫られています。その究極の姿は自動運転車であることは疑いようがありません。但し、自動運転車が本格的に普及するまでの間は、やはり人間が自分の意思、あるいは運動神経や反射神経によって自動車を操っていく必要があります。そうなると、やはり運動能力や認知能力等が低下する高齢ドライバーを中心に、運転操作ミスによる事故が今後も増えていくことが懸念されます。

自動車メーカーは、アクセルとブレーキペダルの踏み違えや踏み外しがしにくいようなペダル機構やレイアウトの工夫などを今後も実践していくことになるはずですが、自動車を運転するドライバーにおいても、踏み違えや踏み外しをしにくいペダル操作方法を身につけておくことが、安全運転に資することになると思います。その手段のひとつが、左足ブレーキだと私は思います。

一方、AT車の暴走事故そのものは、何も高齢者の専売特許というわけではなく、AT車の登場以来、古今東西、老若男女問わず、常につきまとってきた課題です。特に、前述したように、左足ブレーキを推奨する本が四半世紀も前に売られていたという事実からも、それは明らかだと言えます。そういう点から言いますと、現代の日本社会における、まるで高齢ドライバーを白眼視するかのような世論形成には、いささか疑問を感じます。

できることなら左足ブレーキは若い世代から普及と啓蒙を

但し、左足ブレーキを現役の中高年層に対して普及・啓蒙を図った場合、操作に素早く慣れることができず、慣れるまでの間にかえって交通事故を引き起こさないかという懸念もあります。できることなら、操作に早く慣れるという意味でも、若年ドライバーのうちから左足ブレーキを普及・啓蒙していくことで、10年後20年後といった将来の交通安全に繋がるのではないかと考える次第です。
 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク