軽自動車の白色ナンバーが4月3日から解禁

スポンサーリンク


軽自動車のナンバープレートといえば、「黄色いプレートに黒い文字」というのが常識ですが、この常識を覆す特例制度が2017年4月にスタートします。

ラグビーワールドカップの財政確保策として実施

この制度は、2019年にアジア初となる「ラグビーワールドカップ」が日本で開催されるにあたり、財政確保策の一環として行われるものです。通常の黄色ナンバープレートの購入費が概ね1700~2000円ですが、この制度では概ね7000円程度の費用で白色ナンバーを購入できるようになります。通常よりも5000円以上高いプライスとなりますので、購入希望者が多ければ財源確保策としては有効でしょう。

出典:国土交通省報道発表資料

また、寄付金(1000円以上の任意の金額)を支払うことにより、ラグビーボールをあしらった特別デザインのバージョンも入手することができます。しかしながら、これはあくまで個人的意見ですが、大会ロゴのみを配したベーシックな無地調のほうが人気が出そうな気がします。

 

スポンサーリンク

新規登録時も既存ナンバーからの付け替えもどちらもOK!

今回の制度は、新車や中古車を購入し新規登録する際はもちろんのこと、既に利用中の既存の軽自動車であっても、白色ナンバーの恩恵にあずかれる点が特徴です。しかも、現在利用中の既存ナンバーをそのまま引き継ぐことができるようになっているのも大きなメリットです。

受注生産方式につき入手するまで若干の日数が掛かる

既に使用中のナンバーを引き継げますが、すべてのナンバープレートがあらかじめ用意されているわけではありません(もちろんですよね。そんなことをしたらコストが膨大です)。申し込みを受け付けてから製造に取り掛かる受注生産方式を採用しています。そのため、白色ナンバーの購入を申請してから、現物を手にするまで10日~2週間程度掛かります。

特別なデザインが施される

本来黄色を採用している軽自動車のナンバープレートが白色になることで、普通車(登録自動車)と軽自動車をどうやって見分けるのでしょうか。最近では、軽自動車でも大柄な車格のものや、軽自動車とコンパクトカーの兄弟車が増えており、「あれれ?軽自動車?普通車?どっちなの??」と思う場面も出てくることになるかもしれません。

両者の一番の違いは、デザインです。ラグビーワールドカップ特別仕様の白色ナンバーは、大会ロゴがナンバープレートの右肩に描かれることになっています。また、寄付金ありのバージョンでは、ナンバープレートの左側にラグビーボールをあしらったデザインが描かれます。

封印の無い点が普通車ナンバーとの違い

これら以外にも見分け方があります。それは封印の有無です。普通車は自動車後部のナンバープレートの左側の取り付けボルトの頭に、アルミニウム製の封印台座を取り付け、国土交通省の担当者もしくは、国から認可を受けた整備工場の担当者によってボルトの頭に封を施すことがルール化されています。

一方、軽自動車には封印という概念そのものがありませんので、今回の白色の軽自動車用ナンバープレートを取り付けた際には、当然ながら封印はしません。そのため、後部ナンバーの封印の有無を見るのが最も簡単な見分け方ということができます。

事前申し込みを受付中

軽自動車の白色ナンバーの使用解禁は4月3日からとなっています。すでに事前受付が始まっており、専用の申し込みサイト(図柄ナンバー申込サービス)から自分で手続きをするか、もしくは全国の自動車販売店や整備工場で申し込むことができます。

 

スポンサーリンク

黄色ナンバーはイマイチと思っているオーナーには朗報

今回の白色ナンバー制度を歓迎し実際に購入するのはどんな人でしょうか。やはり最も敏感に反応するだろうと思われるのは、自動車マニアです。特に、スポーティーな車種や改造車に乗っているオーナーにとって、「せっかくドレスアップされたおしゃれな車なのに、ナンバープレートの黄色が気に入らない」と思っている人もけっこういるはずです。そういったオーナーにとって、今回の制度は大いに気になるところだろうと思います。

また、新しいもの好き、あるいは他人とは違うものを求める人にとっても、この制度はユニークなものとして映るでしょう。

「ポスト軽自動車」に向けた地ならしでなければいいですが

一方、トヨタがダイハツを完全子会社化したり、あるいは軽自動車部門ではダイハツの宿敵であるスズキと業務提携を図ったりといった、自動車業界をめぐるダイナミックな動きがすでに現実に起きています。あるいは、米国がトランプ政権発足直後にTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の離脱を正式決定するといった動きがあるにせよ、米国からは日本の軽自動車規格に対して「不当な参入障壁だ。まかりならん」という強烈な不満がくすぶっているのも事実です。

昨年、ダイハツが、パッソをフルモデルチェンジした際に、マツコ・デラックスを起用してCMを打ちましたが、これを観たとき、「トヨタがポスト軽自動車に向けて本腰を入れるという宣言だな」と驚いたものです。

私は現在、ホンダの軽自動車を愛用しており、維持費を含めたコストパフォーマンスの高さを実感しています。今後とも、できることなら軽自動車規格が末永く続いてもらいたいと願っています。今回、軽自動車に白色ナンバーが装着できるようになったことが、規格面や制度面における「ポスト軽自動車」に向けた地ならしでなければいいなと心から思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク