ランサーズ(Lancers)4/19に新事業発表会・IPOは?

スポンサーリンク


クラウドソーシング業界の最大手である「ランサーズ」(Lancers)。私も大変お世話になっている、フリーランス稼業にとっては非常にありがたいプラットフォームです。

最大のライバルは言わずと知れた「クラウドワークス」(Crowd Works)です。クラウドワークスは2014年に東証マザーズ市場に上場しています(証券コード:3900)。当時「赤字で上場できた」点などが話題となりましたし、私もごく短期間ではありますが、同社株のホルダーになったこともあります。

クラウドソーシング事業への見方には、「正規雇用を減らすものだ」とか「会社に束縛されない自由な働き方ができるのが素晴らしい」といった具合に、賛否両論それぞれに様々なものがあるようですが、やはり今後の事業成長性については、大いに期待が持てる分野だと私は思っています。

スポンサーリンク

さて、ランサーズは未上場企業です。意外に思う人もいらっしゃると思います。実は私もそのひとりです。業界最大規模の取引件数を誇るプラットフォームを持つ企業ですし、自分もバリバリと使わせてもらっているという贔屓目があるのだろうとは思います。ただ、IPOに関して後発であるクラウドワークスに先を越された格好のランサーズも、今後の事業展開の拡大を図る上で、やはりいつかは上場をするときが来るだろうと勝手に想像しております。それがいつなのかは、私のようなしがない外部の人間には全く知る由もありません。

が、多少なりとも期待の膨らむ要素があります。2017年3月31日に東京・渋谷ヒカリエでおこなわれた「Lancers of the Year 2017」において、同社の秋好社長がプレゼンをしたのですが、その中で、4月19日に新事業発表会をおこなう旨を語っています。以下の動画は、Facebookからエンベデッドしたものです。新事業発表に関するトークは開始から21分あたりから聴くことができます。

もしかすると、その席で、新事業展開には不可欠となる資金調達に関して、何らかの方針発表あるいは、さらに一歩踏み込んでIPOの発表があると面白いなと勝手に妄想しております。あくまで個人的な勝手な妄想にすぎませんので、実際にどうなるかは分かりませんが、ランサーズには今後も発展してもらい、好条件の仕事がどんどんいただける活気あるプラットフォームとしての地位を不動のものとしていただければと願っております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク