総再生回数1万回未満のYouTubeチャンネルの広告が非表示化

スポンサーリンク


かなりショックなニュースです。2017年4月6日から、YouTubeチャンネルの総再生回数が1万回未満のチャンネルには、広告が表示されないようになったとのアナウンスがGoogleさんから発せられました。

当方、弱小ながらも新たにYouTubeチャンネルを作り、これからどんどん投稿していこうという矢先でした。まだ支払い基準の8000円にも到達していませんし、再生回数も微々たるものですが、広告料が僅かずつ積み上がっていくことに喜びを感じています。

それが、1万回になるまでお預けになるとは、ちょっとがっかりです。まぁ、1万回に早く到達できるようにすればいいだけの話なんでしょうけれども。

 

スポンサーリンク

 

ただ、Googleさんが主張している「クリエイター保護」にとって、果たして1万回の閾値を設けることが役に立つのかなと少々疑問です。

例えばドライブレコーダーの動画や動物系の動画なんかでは、他人のサイトの動画をパクッてまとめ動画を作成し、おびただしい数の膨大な再生回数を集めているサイトがたくさんあります。そういった悪質なサイトが今回の政策では影響を受けず、細々とでも独自の投稿を続けている弱小個人を切り捨てることにならないのかと疑問に感じます。大口を重視し、小口を切り捨てる策だと思えてなりません。

ただ、何はともあれ、サービスを利用させてもらっている以上、その枠内で頑張っていくことが大事だと思いますので、気を取り直して精進していきたいと思います。

クリエイターを保護するためのYouTubeパートナープログラムのセーフガードの拡大

 

木曜日、4月6日、2017

何百万人ものクリエイターにとって、YouTubeで動画を制作するのは単なる創造的なものではなく、収入源です。私たちは2007年にYouTubeパートナープログラム(YPP)を立ち上げました。今日、YouTubeでこれまで以上に多くのクリエイターが生計を立てています。しかし、この成長により、偉大なオリジナルのコンテンツが収益を得ようとしている他の人たちによって再アップロードされた場合の虐待事例が見られるようになりました。クリエイターの収益を保護するため、最近、誰も偽装チャネルを簡単に報告できるようになりました。現在までに、この変更により、Googleのポリシーに違反する何十万ものチャンネルが強制終了されました。

YouTubeパートナープログラムに参加するために必要なしきい値を更新することで、クリエイターを保護するもう1つのステップを実行しています。

今日から、チャネルが1万回の再生回数に達するまで、YPP動画に広告を配信しなくなります。この新しいしきい値は、チャネルの有効性を判断するのに十分な情報を提供します。また、チャンネルがコミュニティのガイドラインと広告主のポリシーに従っているかどうかを確認することもできます。しきい値を10kビューに保つことで、意欲的なクリエイターに与える影響を最小限に抑えることも保証します。もちろん、今日までに視聴回数が1万未満のチャンネルで獲得した収益は影響を受けません。

また、数週間後にYouTubeパートナープログラムに参加するための新しいクリエイターのレビュープロセスを追加します。作成者がチャンネルで1万回の再生回数を記録した後、Googleのポリシーに対する活動を確認します。すべてがうまくいくとすれば、YouTubeはこのチャンネルをYPPに持ち込み、そのコンテンツに対して広告を配信します。これらの新しいしきい値を合わせることで、ルールに従っているクリエイターだけが収益を確保できるようになります。

これらの新しいしきい値を合わせることで、ルールに従っているクリエイターだけが収益を確保できるようになります。チャンネルを作成し始めた新しいクリエイターの方は、YouTubeクリエイターアカデミーで素晴らしいオリジナルコンテンツを作成し、視聴者を増やして 10,000人以上の視聴者を獲得するためのヒントをご紹介します。YPPの申し込みが完了したら、クリエイタースタジオの[チャンネル]タブの[収益受け取り]で、アプリのステータスを確認できます。あらゆる規模のクリエイターがYouTubeでチャンスを見つけることを願っています。この新しいアプリケーションプロセスは、クリエイターの収入が確実に増加し、最終的に正しいものになるのを助けるでしょう。

チャンネルを作成し始めた新しいクリエイターの方は、YouTubeクリエイターアカデミーで素晴らしいオリジナルコンテンツを作成し、視聴者を増やして 10,000人以上の視聴者を獲得するためのヒントをご紹介します。YPPの申し込みが完了したら、クリエイタースタジオの[チャンネル]タブの[収益受け取り]で、アプリのステータスを確認できます。あらゆる規模のクリエイターがYouTubeでチャンスを見つけることを願っています。この新しいアプリケーションプロセスは、クリエイターの収入が確実に増加し、最終的に正しいものになるのを助けるでしょう。

YouTubeクリエイターアカデミーでは、オリジナルのコンテンツを作成し、視聴者を増やして 10,000人以上の視聴者を獲得するためのヒントを提供しています。YPPの申し込みが完了したら、クリエイタースタジオの[チャンネル]タブの[収益受け取り]で、アプリのステータスを確認できます。あらゆる規模のクリエイターがYouTubeでチャンスを見つけることを願っています。この新しいアプリケーションプロセスは、クリエイターの収入が確実に増加し、最終的に正しいものになるのを助けるでしょう。

この新しいアプリケーションプロセスがクリエイターの収益を確実に増やし、正しい結果をもたらすようになると確信しています。

Ariel Bardin、プロダクトマネジメント担当VP

出典ページ(このページを機械翻訳しました)

https://youtube-creators.googleblog.com/2017/04/introducing-expanded-youtube-partner.html

 スポンサーリンク

追記

4月11日の時点で、どういうわけだか広告表示が復活しています。

総再生回数1万回未満のYouTubeチャンネルの広告が復活 !?

あわせて、こちらも是非ご覧ください。

総再生1万回未満・当方のYouTubeからも広告が消えたよ(泣)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク