「フリーランスのための超簡単!青色申告」は記帳決算サポートがお得

スポンサーリンク


いわゆる「確定申告」の時期がすでに終了し、自営業の方々やフリーランス稼業の方々も、記帳や経費精算など、日々の経理業務もしつつ本業に励んでおられることと思います。

むろん、そういった几帳面な方ばかりでなく、確定申告の時期が近づいてから、あるいは申告期間になってから、これまで溜めてきた領収証や請求書の山と格闘しているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

青色申告は経理の素人にとってはハードルが高い

また、これまでは白色申告だったけれども、65万円の特別控除が受けられる点に魅力を感じ、次回の申告からは青色申告に取り組もうという方もいらっしゃるかもしれません。

経理に明るい人や、計算が得意という人であれば、特段問題ないかもしれませんが、そうではない大半の人々が青色申告でつまづきがちなのが、複式簿記だと思います。

特別控除のない白色申告あるいは、青色申告でも65万円ではなく10万円の特別控除となるタイプでは必要のなかった、貸方・借方を区別しお金の流れを明確にしながらの日々の記帳や、貸借対照表の作成といったハードルが待ち受けています。

スポンサーリンク

青色申告対応の経理ソフトはどれもチンプンカンプン

このサイトの管理人は、長年にわたって白色申告を毎年してきましたが、前々回から青色申告に切り替えまして、これまで2回青色申告を経験しました。

その際には、いろいろな経理ソフトの試用版を試し、経理関係の書籍を拝見しつつ、あるいはインターネット上の先達の方々のありがたい知恵や経験談を参考にさせていただき、私のような経理や数字が苦手かつ無精者であっても、何とか青色申告を無事にこなすことができています。

ただ、青色申告対応の経理ソフトに関しては、「簡単」を謳うソフトであっても、実際には途中で頭が沸騰しそうなぐらいにチンプンカンプンになるのが常でして、試用版を製品版に切り替えるには至りませんでした。

「フリーランスのための超簡単!青色申告」は救いの神だった

ところが「フリーランスのための超簡単!青色申告」(塚田祐子著)という書籍と、それを買うとダウンロード特典としてついてくるフリーソフト(フリーウェア版)だけは別でした。

フリーランスの経理業務に的を絞ったシンプルな内容で、非常に取り組みやすくできています。書籍に記載されている手順や注意書きを参照しながら経理業務に取り組むことで、「この俺でも青色申告ができた!」という感動を実際に体感することができました。

この書籍とフリーソフトがなければ、途中で青色申告を断念していたのは間違いありません(ちなみに、青色申告をするという事前申請を税務署に出しておきながら、青色申告ではなく白色申告に切り替えて提出すると、次に青色申告に再度切り替えようとしても、切り替えることができない期間が生じると聞いたことがあります。不確かな情報で恐縮です)。

私にとって「フリーランスのための超簡単!青色申告」は、まさに救いの神と言える存在です。これを出版された著者の塚田祐子さんには感謝の念を表したいと思います。

ソフトウェアをリピートする場合には、シェアウェア版がお得

この「フリーランスのための超簡単!青色申告」という書籍は、フリーソフトをダウンロードできる権利がついて、アマゾンなどの書店で1800円(税別)で販売されています。

一方、フリー版ではなく、シェアウェア版が単体で販売されています。これは、「会員サポート」を購入すると、シェアウェア版のダウンロードができるもので、シェアウェア版にはフリーウェア版にはない月次集計機能がついています。

また、仕訳帳の入力データ件数が増加しているといった違いもありますが、両者の使い勝手は基本的に共通です。このシェアウェア版(=会員サポート)ですが、書籍を買うよりも安い1200円(税別)で購入することができます。購入は、Paypal経由のクレジットカード払い、あるいは銀行振込で代金を支払ったのち、申し込みの専用ページからソフトをダウンロードするようになっています。

書籍の内容は、税制が抜本的に変更されない限りは前年度と大差がないため、解説書としての書籍は2~3年に1度買い換えれば大丈夫ではないかと個人的には思っています。

スポンサーリンク

また、会員サポートの内容は、

・シェアウェア版(月次集計、年度更新機能付)のダウンロード
・税制改正があった場合、対応ソフトのダウンロード
・ソフトの操作方法や操作トラブルに関するご質問へのサポート

 

・税制改正や確定申告に必要な最新情報のご提供

となっている一方、

以下については、サポート外になります。
・帳簿へご入力された内容に間違いがないかの確認
・節税方法や税務に関するご質問やご相談
・記帳指導(個別の取引の記帳方法、仕訳内容の確認など)をご希望の場合は、「記帳・決算書作成サポート」をご利用ください。

 

公式ウェブサイトに明記されています。

記帳・決算サポートも別途用意されている

この会員サポートですが、シェアウェア版のダウンロードだけではなく、ソフトの操作方法に関する質問もメールでおこなうことができます。

但し、記帳方法や節税方法といった個別質問はNGとなっています。一方、記帳方法など、ある程度踏み込んだ相談をしたい場合が発生するものです。

そういった場合には、基本的に税務署での記帳相談サービスの利用を勧めつつも、そうしたサービスが受けられない人のために、「記帳・決算サポートサービス」も用意されています。

この記帳・決算サポートサービスでは、以下のようなケースを想定しています。

・本を読んだけれど、記帳処理がコレでいいのか、イマイチ不安。
・特殊な取引内容があり、仕訳方法が分からない。
・開業年で、分からないことだらけ、聞ける人がいなくて困っている。
・これまで白色申告で、帳簿の記帳は初めて。前年分の引き継ぎがよく分からない。

一方、記帳・決算サポートの対象外となるのは下記のようなケースです。

・本書が対象とするフリーランス以外の業種・業務の経理に関するご質問
・帳簿へご入力された内容に間違いがないかの確認
・節税方法や税務に関するご質問やご相談
・事業所得(一般)以外(不動産所得、農業所得、配当所得、譲渡所得、退職所得 など)に関するご質問やご相談

費用は5000円(税別)で、相談は年度内に2回までとなっています。

スポンサーリンク

記帳・決算サポートを買うとシェアウェア版が付いてくる!

この記帳・決算サポートサービスですが、実はウェブサイトに書かれていない「裏ワザ」(ちょっと大げさですが)があります。

実は私の場合、購入費用を節約するために、シェアウェア版(会員サポート)を1200円で購入するつもりだったのですが、もし、経理上の困りごとで個別質問をしたいことが発生した場合に備えて、5000円の記帳・決算サポートサービスをまず申し込みました。

そして、そのあとにシェアウェア版(会員サポート)を購入するつもりでいたのですが、記帳・決算サポートサービスを買った時点で、シェアウェアのダウンロードができるようになっていました。これは、公式ウェブサイトのどこにも書かれておらず、シェアウェア版と記帳・決算サポートの両方が必要な人は、両方とも購入する必要があるとばかり思っていました。

このことから言えるのは、先にシェアウェア版を買って、あとで記帳・決算サポートを追加するよりも、あらかじめ記帳・決算サポートを買っておいたほうがお得な場合もあるということです。もちろん、質問することはないと自信を持って言える人は、シェアウェア版だけ買うのが最安です。あえて5000円のほうを買うことはないかもしれません。

ただ、もしかすると、あとから質問したいことが出てくる予感のある人の場合は、記帳・決算サポートを最初から買っておくことで、別々に買うよりも1200円(税別)相当がお得になります。ちょっとしたことですが、知っておいて損はないと思います。

初めての人なら書籍(フリーソフトDL付)がおススメ

とは言いましても、青色申告が初めてという人や、これまで「フリーランスのための超簡単!青色申告」の書籍を買ったことがない場合には、シェアウェア版や記帳・決算サポートをいきなり買うよりも、まずは書籍を入手することをお勧めします。

ネットで調べればかなりのことが分かる便利な時代になりましたが、この書籍は初心者向けに平易に書かれていますし、要点がコンパクトに凝縮された一冊ですので、ネットの情報のみに頼るよりも、書籍とネットを両方使いながらのほうが、理解しやすいと思います。

繰り返しになりますが、まだこの書籍を買ったことのない人は、ぜひ入手されることをお勧めします。この私でも青色申告ができたんです。この本のおかげです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク