日本通信が発売したソフトバンクMVNO「開幕SIM」の残念な点と今後への期待

スポンサーリンク


MVNO隆盛時代への道を切り拓いたパイオニアである日本通信(b-mobile)。同社は、ソフトバンクとの間で回線利用をめぐって係争状態にありましたが、このほど和解に漕ぎつけ、ソフトバンク回線を利用したMVNOサービスを2017年3月22日に開始しました。

その名は「b-mobile S 開幕SIM」。かなりインパクトのあるネーミングです。 

また、借りた回線を別の事業者に貸すMVNEの形態でもソフトバンク回線の提供をおこなっています。現在、日本通信・U-mobile・ヤマダ電機が、それぞれのブランドを冠する形で、ソフトバンク回線を使った通信サービスを始めた格好となります。

スポンサーリンク


 

ソフトバンク回線のMVNOを契約する気満々でした

当サイトの管理人は、普段はドコモ回線のMVNOであるBIGLOBE SIMを使っています。さすがドコモ回線だけあって、郊外や山間部に出かけた際でも圏外になることはほとんどありません。

ただ、都心部のお昼時などに、回線速度が異様に遅くなることがあり、サブ回線の確保が必要だと感じていました。MVNO各社によって契約数や帯域の使い方が違うようですので、ドコモ回線を使う他のMVNOを併用することも考えましたが、違う回線を持ってみるのも手だと感じました。

また、MINEO(マイネオ)やUQモバイルが提供しているau系の回線を使うことも考えたのですが、通信バンドの違いなどにより対応する機種が限定されること、さらに、かなり以前に契約していたソフトバンク契約のiPhone5Sを処分せずに手元に残していたことから、今回はソフトバンク回線を使うMVNOのSIMを使ってみようと考え、販売開始の日を心待ちにしていました。そして使い心地などをレビューする心づもりでいました。

音声契約ができないなんて…

販売開始の3月22日。ワクワクしながら日本通信のウェブサイトを覗きに行き、料金ページを見ると、かなり素っ気ない内容に拍子抜けします。音声契約に関する言及も見当たらずです。よくよく調べてみると、音声通話には非対応なんですね。日本通信だけでなく、U-mobile等も同様のようです。

これには脱力してしまいました。せっかく手持ちのiPhone5Sを、いわゆるSIMフリー化する下駄を履かせたりせずとも使えるようになると楽しみにしていたんですが、データ通信だけならば魅力半減です。しかも、テザリングにも非対応とのこと。それでいて、料金は1GB=880円からというやや高めの料金設定となっています。ドコモ回線を使う他社MVNOサービスよりも割高感があります。

但し、やはりソフトバンク回線のMVNOは希少ですから、音声通話にさえ対応していれば、下記料金よりも500~700円程度アップしたとしても、私としては契約していたはずです。残念ながら、私にとって、現状における開幕SIMは期待外れの内容でした。

回線速度はあえて非公表だけれども

回線速度は下記の通り、「非公表であることが公表」されています。

データ通信の速度は?

ご利用時間や場所、端末によって異なるため、具体的な速度をご案内することができません。

(出典:日本通信・開幕SIMウェブサイト内のよくある質問ページ)

MVNOは契約者数の増加に応じて回線を増強していくケースが多いですが、ソフトバンク回線を使うMVNOがどの程度の初動利用者数で推移していくのかは読みにくいだろうと思います。また、最大75Mbpsとか100Mbpsとか言ってみたところで、所詮はベストエフォートですから、あまり意味をなさないものだなと日頃から感じております(ハイブリッドカーのカタログ燃費と実燃費の大幅な乖離と似ているなぁと思いますね)。

 

スポンサーリンク


 

ですので、あえて回線速度を公表しなかったことは良心的だと個人的には思います。セールス面から言えば、理論上の最高速度を書いておけば、高性能な印象を与えられますので有利だと思いますが、ここは実直な道を選ばれたのだと思います。

なお、通信速度に関しては、容量を使い切った際の対応や、帯域制御発動などが公表されています。

月々のプランの最大データ量を使い切った場合はどうなりますか?

最大200kbpsの使い放題でご利用いただけます。料金日(決済日・課金日)を迎えたら、月々の基準データ通信量がリセットされ、通信速度の制限がなくなります。現在の利用月の基準データ量の変更はできません。

 

月々の使い切らなかったデータ量は翌月に繰り越せますか?

繰り越せません。

 

トラフィック制御は行われていますか?

ファイル交換(P2P)アプリケーション等に制限を設ける場合があります。また、お客様間の公平を確保するため、低速度制限時において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上に対しては、通信の速度を制限する場合があります。

 

テザリングはつかえますか?

ご利用いただけません。

 

(出典:日本通信・開幕SIMウェブサイト内のよくある質問ページ)

以上のような感じです。恐らく、日本通信側としては、もっとユーザーフレンドリーなサービスを提供したいはずですから、このような使い勝手の悪そうな内容でリリースせざるを得ない状況となったのは、回線を貸すソフトバンク側の縛りがキツイのではないかと個人的には邪推したくなります。

 

スポンサーリンク


 

音声通話対応SIMの登場に期待!

ただ、今後への期待をうかがわせる一文がQ&Aに記載されていました。

音声通話ができるSIMは予定がありますか?いつぐらいですか?

ご案内できる予定はございません。お客様のご期待に沿えるよう努めます。

(出典:日本通信・開幕SIMウェブサイト内のよくある質問ページ)

ぜひ、音声通話対応のSIMがリリースされるのを心待ちにしています。これまで数多の苦難を乗り越えてきた日本通信さんならやってくれそうな気がします。よろしくお願いします!

格安SIM関連記事

格安スマホ&SIMのフリーテル、景品表示法違反で措置命令を受ける

スポンサーリンク

スポンサーリンク