阪神高速5号湾岸線リニューアル工事渋滞を通過するドラレコ映像

阪神高速道路では、5号湾岸線の尼崎末広~北港JCTで大規模な集中工事を実施しています。工事期間は2017年10月1日~11月1日の1か月間と長く、2車線を規制して行う(10月下旬には1車線規制に緩和されました)ため、工事区間を先頭に長い渋滞が発生しています。遅ればせながらドラレコ映像をアップしました。

Read more

東名高速の追い越し車線に停車させ夫婦を事故死させた石橋和歩を逮捕

高速道路の追い越し車線に停車させるという非常識極まりない行為をした男。未必の故意による殺人罪が適用できないものかと真剣に思います。残されたお子さんのことを思うといたたまれない気持ちになります。単なる交通事故として交通裁判に問われるだけでは全く足りませんし、短い刑期を終えて社会復帰させるべきではないと思います。

Read more

幼いきょうだい3人が亡くなった悲しすぎる飲酒運転事故から11年

2006年8月25日、福岡市の海の中道大橋で、飲酒運転の乗用車が猛スピードで対向車に衝突。追突された乗用車は橋の欄干を突き破って海に転落。乗っていた親子のうち、親は助かったものの、幼いきょうだい3人が亡くなりました。この事故は人々に大きな衝撃を与え、事故を教訓に飲酒運転の撲滅に向けた取り組みが強化されました。

Read more

驚愕!!「罪を憎んで人を憎まず」飲酒運転職員への嘆願書に違和感

飲酒運転で追突事故を起こしたとして、道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕・起訴された自治体職員に対し、寛大な判決を求める嘆願書が提出されているというニュースが報じられています。この職員が所属する香川県三木町の町長は「罪を憎んで人を憎まず」と話したと報じられていますが、あまりに軽々しい不適切な発言だと思います。

Read more

2017バステクフォーラム(4)中国製バス「オノエンスター」

2017年5月26日に開催された「2017バステクフォーラム」には、約20台のバスが出展されました。その中でひときわ異彩を放っていたのが、中国製のバス「オノエンスター」です。この名称は、輸入販売元の「オノエンジニアリング」が命名したもので、中国のバスメーカー・ヤーシン(亜星・Yaxing)が製造する中型バス「YBL6805H」をベースに、日本の法規に対応するように仕上げられています。

Read more

2017バステクフォーラム(1)三菱ふそう新型エアロエース

2017年5月26日(金)、大阪の舞洲スポーツアイランドにて開催された「バステクフォーラム2017」に行ってきました。バスの最新技術を体感できるイベントとして知る人ぞ知る存在で、今年で8回目です。車両の静態展示や関連製品等のブース展示だけでなく、同乗体験や事前申込制の試乗体験などにも力を入れているイベントです。

Read more

ミライースがモデルチェンジしDNGA採用!TNGAでもTENGAでもない!

ダイハツ工業は2017年5月9日、ミライース(Mira e:S)を6年ぶりにフルモデルチェンジ(FMC=全面改良)しました。ミライースとしては2代目となります。超低燃費や低価格といった先代モデルの良さを継承しており、リッター35.2kmの優れた燃費性能と、84万円から買えるリーズナブルさが大きな特徴です。

Read more

左足ブレーキを普及させることで自動車の暴走事故を減らせないか

左足ブレーキは、右足ブレーキに比べて踏み違えや踏み外しの恐れがないばかりか、踏み替えに伴うタイムラグも最小限で済むため、空走距離を短くできるメリットもあります。ところが、依然として右足ブレーキがスタンダードとなっていますし、教習所でも左足ブレーキは教えない状況です。これは非常にもったいない状況だと思います。

Read more

飲酒タクシー運転手を「私人逮捕」したものの「勇み足」だった話

私人逮捕とは、犯罪行為が目の前でおこなわれているというときに、警察官ではない民間人が、その犯罪行為をおこなっている人物の身柄を取り押さえるなどして拘束する行為です。「常人逮捕」とも言います。その状態で、直ちに110番通報し、到着した警察官に身柄を引き渡すことになります。ただ、私がおこなった私人逮捕は残念ながら…

Read more