地滑り災害で不通が続く南海高野線山岳区間の状況と復旧に向けた課題

路盤の沈下が上古沢駅構内だけであれば、応急対策を講じて、早期の復旧に漕ぎつけることができるでしょう。しかし今回の事案が、もはやそういうレベルでなく、大雨で広範囲の地盤が大きな影響を受け、文字通り「山が動く」ような状況であれば、より大規模な地滑り対策を講じる必要があります。

Read more

京阪電車の2階建て車両で階段下に酔客が転落し補助席女性が重度障害

京阪電鉄の二階建車両に乗車中に起きた車内事故で重度障害を負った女性が、加害男性と京阪電鉄を相手取って2億4千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたと報じられています。一義的には他人に大けがをさせた酔客男性が悪いのは間違いありませんが、加害男性・京阪電鉄・被害女性がうまく和解できることを願っております。

Read more

[レポート]南海本線樽井~尾崎が11/1に指導通信式閉塞で運行再開

南海本線沿線住民にとって待ちに待った運転再開です。2017年11月1日、台風21号の大雨で男里川橋梁が損傷し不通となっていた南海本線の樽井駅~尾崎駅の区間が仮復旧し、同日始発から上り線を使った単線方式にて運行を再開しました。運転再開当日は指導通信式閉塞、加えて下り線については代用手信号も使用して運行されました。

Read more

南海本線不通区間(樽井~尾崎)仮復旧で「終端駅」が9日ぶりに解消

南海本線の橋梁損傷により不通区間が生じたため、樽井駅は南海本線の北側における南の終端、尾崎駅は南海本線の南側における北の終端となりましたが、丸9日(10月22日の夕方から10月31日の最終まで)にわたった不通区間は、11月1日の始発から単線方式による仮復旧という形で運行再開に漕ぎつけることとなりました。

Read more

南海本線の不通区間(樽井駅~尾崎駅)が単線方式で運行再開の見込み

南海電鉄は、台風21号の豪雨災害により不通となっている南海本線樽井駅~尾崎駅の運転再開見通しについて発表しました。現在樽井駅~箱作駅に代行バスが運行されていますが、朝夕のラッシュ時間帯に長蛇の列ができなど利用者の大きな負担となっています。単線で仮運行とはいえ、乗り換えの手間が解消できるのは朗報と言えるでしょう。

Read more

阪神高速5号湾岸線リニューアル工事渋滞を通過するドラレコ映像

阪神高速道路では、5号湾岸線の尼崎末広~北港JCTで大規模な集中工事を実施しています。工事期間は2017年10月1日~11月1日の1か月間と長く、2車線を規制して行う(10月下旬には1車線規制に緩和されました)ため、工事区間を先頭に長い渋滞が発生しています。遅ればせながらドラレコ映像をアップしました。

Read more

[台風21号通過直後の朝]増水した大和川橋梁を渡る阪堺線・南海本線の満員電車

2017年10月22日夜から23日の未明にかけて、台風21号の大雨の影響で、奈良県や大阪府を流れる大和川の水位が上昇しました。浸水被害を受けたJR阪和線や線路湾曲被害が生じた南海本線が運転を見合わせる中、増水した大和川に架かる橋梁を阪堺線の満員電車が行き交いました。

Read more

台風21号の大雨で浸水被害を受けたJR阪和線浅香駅の復旧対応

2017年10月22日夜から23日未明にかけて、超大型の台風21号の影響による大雨で大和川が増水し、一部地域で浸水被害が発生しました。JR阪和線の浅香駅では、切符売り場や駅事務室のある改札階が約1mもの深さで浸水。自動券売機や自動改札機等の設備が故障する被害を受け、23日早朝より鋭意復旧作業がおこなわれました。

Read more

東名高速の追い越し車線に停車させ夫婦を事故死させた石橋和歩を逮捕

高速道路の追い越し車線に停車させるという非常識極まりない行為をした男。未必の故意による殺人罪が適用できないものかと真剣に思います。残されたお子さんのことを思うといたたまれない気持ちになります。単なる交通事故として交通裁判に問われるだけでは全く足りませんし、短い刑期を終えて社会復帰させるべきではないと思います。

Read more

扇沢~黒部ダムを走る関電トロリーバスが廃止され蓄電池バスに転換

扇沢~黒部ダムを結ぶ関電のトロリーバスが、2019年4月に蓄電池方式のバスに置き換えられることが決まりました。トロリーバスは、架線設備のメンテナンスが大変ですし、技術の進歩によって大容量バッテリーの小型化や高性能化が著しい昨今ですから、これも時代の流れなのでしょう。でも、やはり寂しい気がします。

Read more

幼いきょうだい3人が亡くなった悲しすぎる飲酒運転事故から11年

2006年8月25日、福岡市の海の中道大橋で、飲酒運転の乗用車が猛スピードで対向車に衝突。追突された乗用車は橋の欄干を突き破って海に転落。乗っていた親子のうち、親は助かったものの、幼いきょうだい3人が亡くなりました。この事故は人々に大きな衝撃を与え、事故を教訓に飲酒運転の撲滅に向けた取り組みが強化されました。

Read more

驚愕!!「罪を憎んで人を憎まず」飲酒運転職員への嘆願書に違和感

飲酒運転で追突事故を起こしたとして、道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕・起訴された自治体職員に対し、寛大な判決を求める嘆願書が提出されているというニュースが報じられています。この職員が所属する香川県三木町の町長は「罪を憎んで人を憎まず」と話したと報じられていますが、あまりに軽々しい不適切な発言だと思います。

Read more

[阪堺線]百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産国内推薦記念ヘッドマーク掲出開始

2017年8月8日、阪堺電車(阪堺電気軌道)において、古墳デザインのヘッドマークを掲出した電車の運行が開始されました。これは、文化庁の文化審議会世界文化遺産特別委員会が7月31日、「百舌鳥・古市古墳群」を再来年の世界文化遺産登録候補として推薦したことを記念し掲出されるものです。

Read more

JR琵琶湖線(東海道線)瀬田駅付近で起きた架線トラブルが凄まじい

2017年7月26日午後10時半ごろに、JR琵琶湖線(東海道線)瀬田駅付近で架線トラブル事故が発生しました。利用客がTwitterに投稿した映像をみますと、架線が切れてパンタグラフや架線柱が著しく破損、各所でスパークや小爆発のような音が発生しており、事故のすさまじさが伝わってきます。

Read more

東京メトロ日比谷線の車内放送でクラシック音楽が流れた原因を考察

2017年7月24日に、東京メトロ日比谷線を営業運転中の電車内において、「クラシック音楽が流れている」との珍情報がSNS上で上がっています。「原因不明の不具合」という車内アナウンスがあったとのことですが、なぜこの珍現象が発生したのだろうかと、素人ながらにいろいろ思案を巡らせてみました。

Read more

[懐かし動画]東京発500系のぞみ29号博多行きの行先表示器

この動画は、東京駅で出発を待つ「のぞみ29号博多行き」の行先表示器です。500系新幹線電車が東海道新幹線を走っていた頃に、仕事で出張に行った際に撮ったもので、2010年2月26日の撮影です。2月28日に東海道区間から引退しましたので、引退の前々日の映像ということになります。

Read more

N700Sデザイン発表・エッジを立てた先頭形状&LED前照灯採用

2017年6月28日、JR東海は東海道新幹線に投入する新型の新幹線車両「N700S」のデザインを発表しました。先頭車両のデザインは、N700系シリーズの「エアロ・ダブルウィング形状」をより進化させた「デュアルスプリームウィング形状」を採用。ノーズ部分の左右両サイドにエッジを立てた形状とすることで、高速走行時の風圧を整流。「走行風を整流し、微気圧波・車外騒音・走行抵抗・最後尾車動揺を低減」するとしています。

Read more

新快速として活躍した117系が「新たな長距離列車」にリニューアル

JR西日本は、超豪華ゆえに費用も破格のトワイライトエクスプレス瑞風よりも、よりリーズナブルに旅を堪能できる長距離列車の運行を計画しているとのことです。ターゲットはシニア層やインバウンド層を想定しているとのことで、その列車用として、117系電車を改造した車両を充当する模様です。

Read more

東名高速で事故に遭ったバスが搭載している通信型タコグラフが凄い

事故に遭ったバスを運行していた「東神観光バス」では、通信型のデジタルタコグラフ(運行管理記録装置)システムを導入しており、運行状況や映像等の情報がLTE高速通信網を介して、クラウドサーバーに蓄積されるようになっています。この機種は富士通といすゞの合弁会社が販売する「DTS-D1D」という製品です。

Read more

[画像で紹介]阪堺電気軌道「路面電車まつり」6月10日(土)開催

毎年6月10日は「路面電車の日」ですね。これにあわせ各地の路面電車事業者が謝恩イベント等を実施。大阪府内で現存する唯一の路面電車である阪堺電気軌道(阪堺電車)も、2017年6月10日に「路面電車まつり」を開催します。場所は、あびこ道の車庫(阪堺線あびこ道駅下車徒歩1分)、開催時間は10時~16時(最終入場15時半)です。

Read more

2017バステクフォーラム(4)中国製バス「オノエンスター」

2017年5月26日に開催された「2017バステクフォーラム」には、約20台のバスが出展されました。その中でひときわ異彩を放っていたのが、中国製のバス「オノエンスター」です。この名称は、輸入販売元の「オノエンジニアリング」が命名したもので、中国のバスメーカー・ヤーシン(亜星・Yaxing)が製造する中型バス「YBL6805H」をベースに、日本の法規に対応するように仕上げられています。

Read more

2017バステクフォーラム(1)三菱ふそう新型エアロエース

2017年5月26日(金)、大阪の舞洲スポーツアイランドにて開催された「バステクフォーラム2017」に行ってきました。バスの最新技術を体感できるイベントとして知る人ぞ知る存在で、今年で8回目です。車両の静態展示や関連製品等のブース展示だけでなく、同乗体験や事前申込制の試乗体験などにも力を入れているイベントです。

Read more

ミライースがモデルチェンジしDNGA採用!TNGAでもTENGAでもない!

ダイハツ工業は2017年5月9日、ミライース(Mira e:S)を6年ぶりにフルモデルチェンジ(FMC=全面改良)しました。ミライースとしては2代目となります。超低燃費や低価格といった先代モデルの良さを継承しており、リッター35.2kmの優れた燃費性能と、84万円から買えるリーズナブルさが大きな特徴です。

Read more

左足ブレーキを普及させることで自動車の暴走事故を減らせないか

左足ブレーキは、右足ブレーキに比べて踏み違えや踏み外しの恐れがないばかりか、踏み替えに伴うタイムラグも最小限で済むため、空走距離を短くできるメリットもあります。ところが、依然として右足ブレーキがスタンダードとなっていますし、教習所でも左足ブレーキは教えない状況です。これは非常にもったいない状況だと思います。

Read more

和歌山電鐵の小嶋社長もグーグル検索の「たま駅長仕様」採用に驚く

「たま駅長」で有名な和歌山電鐵。同社の小嶋社長は、2015年6月に亡くなった「たま駅長」の誕生日である4月29日のグーグル検索画面に、終日「たま駅長」のロゴが特別採用されたことについて「話を聞いたときは本当に驚いた」とコメントしました。また、和歌山電鐵は、地元の小学校に入学した新1年生に休日フリーパスをプレゼントしました。

Read more

Googleが「たま駅長」の特別仕様に・今日は「18歳」の誕生日

和歌山県を走る和歌山電鐵貴志川線の貴志駅では、2007年1月から三毛猫の「たま」が駅長を務め、2015年6月に亡くなるまで、愛くるしい姿で利用者や観光客をもてなしました。「たま」は1999年の4月29日生まれということで、もし存命だったら今日(2017年4月29日)が18歳のバースデーだったわけです。

Read more

JR福知山線(宝塚線)脱線転覆事故から12年・安全運行と列車遅延

JR西日本が2005年4月25日に起こした福知山線(宝塚線)の脱線転覆事故は、あまりに衝撃的でした。あれから今日で12年です。この事故では、乗客106名・運転士1名、合計107名の尊い命が奪われました。この事で故は、いわゆる「日勤教育」に代表されるJR西日本のブラック体質が浮き彫りになりました。一方で、僅かな遅延をも許さない我が国の潔癖社会の縮図ではないかとも思う次第です。

Read more

飲酒タクシー運転手を「私人逮捕」したものの「勇み足」だった話

私人逮捕とは、犯罪行為が目の前でおこなわれているというときに、警察官ではない民間人が、その犯罪行為をおこなっている人物の身柄を取り押さえるなどして拘束する行為です。「常人逮捕」とも言います。その状態で、直ちに110番通報し、到着した警察官に身柄を引き渡すことになります。ただ、私がおこなった私人逮捕は残念ながら…

Read more

[駅探訪]日本に4つだけの恋の駅・ピンクの「恋山形」(智頭急行)  

智頭急行の恋山形駅は、駅全体がピンク色という、文字通り異色の駅です。もちろん、最初からピンク色だったわけではなく、2013年6月から冒頭に挙げた恋のつく4駅からなる「恋駅プロジェクト」の一環として、ピンク色への塗り替えをはじめとする大胆にリニューアル。以来、「恋がかなう駅」というキャッチコピーを掲げています。

Read more

外国人観光客に向けた立入禁止エリアの教育や看板設置の必要性

海外からの観光客が多数日本を訪れてくださるのは、観光が経済に好影響を与えるプラスの側面があります。一方、海外を訪れた際の渡航先の国でのルールや作法を知らない、あるいは知っていても羽目を外すという例も少なからずあるようです。「ここは立ち入ってはダメですよ」という事前教育の強化などが必要ではないかと思います。

Read more

[惜別]近鉄バス大堀線(河内天美駅前~大堀)に乗り納め

近鉄バス23番大堀線、以前は大阪市営地下鉄谷町線の出戸まで運行していたのですが、利用客の減少により運行区間を大堀にまで短縮。沿線には大阪市バスの路線があり、出戸バスターミナルまでは市バスも使えることが関係したのでしょう。また、ダイヤを大幅に見直し、早朝や夜間の運行が無くなりました。朝は7時台になるまで運行がなく、しかも河内天美駅前を出る終バスは18時台という遅出&早上がりのダイヤで運行されています。日中のダイヤも1時間に1本が基本で、12時台には便がありません。このようなダイヤになったのは2008年からですので、実質的に便が大幅に縮小された時点で、近鉄からは地元に、「もうそろそろですよ。次は廃止ですよ。路線継続のためには、みんなで乗ってくださいね」と言われているようなものだったのかもしれません。

Read more

三脚2台収納可!業界最長ハードキャリー PROTEX FP-80

私は仕事柄、三脚を複数持ち歩くのですが、公共交通機関での移動の際にそれぞれの三脚収納バッグを担いで、さらにビデオカメラなどの機材を同時に運ぶのは、なかなか苦しいものがありました。そこで、現在は三脚を2台入れられる超ロングサイズのキャスター付ハードケース(PROTEXのFP-80)を使っています。

Read more